仏教の話

人は孤独であることが分かって、他人と分かち合える


 

お釈迦様は言いました

“独り生まれ、

独り死に

独り去って

独り来る

どんなに最愛の人でも代わってくれる人はいない”

 

つまり、

人は孤独なのです

またこれは

どんなに語り合っても

人は分かり合えないということも言えると思います

 

人間は孤独であるとわかって、

初めてスタートラインに立つことができ、

だから協力が必要なんだと気づき、

いろんな人と会話ができるようになり

いろんな苦難や悲しみは必要な条件だったと思えるようになり、

 

気づいたら、

笑顔が素敵だと言われるようになります

 

人は一人では生きていけません。

自分の位置から、相手の位置に近づこうとする意識、

お互いに距離を縮め、

寄り添うことが必要となります

 

私の話ですが

結婚13年目を迎えています

妻という私と全く違う方との生活により

私は人としての成長をさせていただいていると思っています

私が一人で生きても大丈夫なくらい生活スキルを身に付けさせていただいたのも

奥さんのおかげです(笑)

 

新婚当初、私がお風呂に入りますと脱衣所に連れ合いが

バスタオルと下着を準備してくれました。

 

はいそうです

見事に最初だけでした

 

何もかもが最初だけでして

仕事ならば、完全な契約違反で相当な賠償金を請求できます

 

しかし、今となっては

妻のおかげです

自分が作った理想という幻想に惑わされていたようです

メダパニの呪文にかかっている人は

メダパニにかかっていると気づけないようなものです

(メダパニとはドラクエに出てくる混乱する呪文)

 

また、

姑さんと舅さんである住職さんとの同居生活も、

人は孤独であるということを「これでもか」というぐらい

理解させていただいと思っています

 

その理解というか気づきを得るまでに

長いトンネルを彷徨った時期はありましたが、

突然、一筋の光明を見つけた時、

全体が明るくなったような気分でした

 

そのトンネルとは自分へ向かっている意識(自意識)で

その光明とはお釈迦様のお言葉が書かれた本でした

自分への自意識から外へ向ける意識変換こそが

トンネルからの脱出ということがお釈迦様の言葉だったように思います

 

人間は孤独であるとわかって、

初めてスタートラインに立つことができ、

だから協力が必要なんだと気づき、

いろんな人と会話ができるようになり

いろんな苦難や悲しみは必要な条件だったと思えるようになったら

 

気がついたら

笑顔が素敵ねと言われるようになります


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48