日記葬儀の話

「どんなお葬式をしたいですか」という質問~お葬式の主語を見落とすな~


 

「どんなお葬式をしたいですか」という質問

これは二人称や三人称なら成立するのですが
残念ながら、
自分の葬式はどうやっても自分で出来ないので
まさに机上の空論になる

いくら希望を述べていても
“お葬式は残された方のため”にあるので
実際のところ希望通りいくかどうかはわからない

まさに死人に口なし

自分の葬式は自分以外の誰かがすることなので
任せておいていい

百歩譲ったとして
「どんな葬式にしたいか」は
「どんな人生にしたいか」に直結する

その人がどんな生き方をしたかが
一発でわかるのがお葬式

 

聞いた話だが東京の方では
葬儀、通夜にお参りに来られる方が圧倒的に少ないらしい
これでは直葬という“商品”が流行るわけだ、

お寺は世間の流れに従うしかないので
お布施が少なかろうがなかろうが
それでも、お経を読み、遺族に寄り添って
法を説かなければならない

お葬式はその後のアフターフォローの方が大事と言われる
七日七日の中陰参りを「忙しい、大丈夫」という理由で
省いたりすることをよく耳にするが
省く事で、残された方の心が病み
なかなか、生活に復帰できない方が多いと聞く

親戚というコミュニティを持っている方は
いろんな励ましをいただき、葬式の意味を理解し
世間に感謝の念を持つことが出来るが、

心の整理をほったらかしにしておくと
自分にふりかかるさまざまな「悪いこと」を
自分以外の何かのせいにして、生理がつかず、
どうして自分だけこんな目に会わないといけないのか
という負の感情があふれていく

実はこれが大問題なのである

困った時はお互い様、

お葬式は残された者が明日を生き抜くためのものである


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48