仏教の話

法話は話を聞く人の問題ということもある


 

ウソを言うて褒められた

ホントを言うて怒られた

 

人はプライドの塊のようなものです

面と向かって欠点を言われたら誰だって腹を立てます

どうやってその方に注意を促すかというと

「大抵の人は…こうですね…」という風に不特定多数に対して言う形にすると案外効果があるかもしれません

 

しかし、

厄介なのは自分のことだと全く気付かない人

つまり、自分を省みない人

(かと言って、あまり自意識過剰になると別問題)

 

お坊さんが話す法話というのはお坊さんの腕にもよりますが

実は聞く方の問題が強いように思います

 

お寺に来られる人はお寺とのお付き合いが多いです

いわゆる義理参り

こちらとしても誤解しないようにかなり注意しながら話を用意していきますが、

結果はどうなっているのか私にもよくわかりません

 

同じ話でも

あるお寺では大ウケだったのが

今日のお寺では「シーン」だったとか

これも“お寺あるある”です

 

過去の辛い出来事から

仏教を照らし合わせてみてどのように感じるかは

結局のところ聞く方の問題になりますね


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48