ドラクエ関連

ドラクエ映画を酷評する方は視点を考えなおして欲しい、ただ単に魔王をやっつける話ではないですよ~映画を見た感想~


 

ネットでの感想を見ると

「なんだあのラスト15分は!」

「大駄作の映画だった」

という酷評だらけだったが

 

私は、それは全く違うと思っている

 

この映画は

ドラクエ5をやってきた今を生きる大人に送るメッセージなのである

 

まず、基本に立ち返ろう

ドラクエの生みの親である堀井雄二氏は

「人生はロールプレイング」という言葉を残している

 

故にドラクエとは何かと問えば、

人生という冒険を疑似体験できる国民的RPGという答えが適切だと考える

この前提としてドラクエ映画は見なければならない

 

ドラクエを映画化すると聞いて驚いたのは

世界観を楽しむという設定はどこにくるのかという疑問

ただ単に勇者が魔王をやっつけるというストーリーを傍観するということなら

桃太郎の昔話とさほど変わらない

 

なぜドラクエの主人公は喋らないのか

それはドラクエの主人公は“常に自分”であるということを意味し

プレイヤーがその世界に入って酔いしれるということが

ドラクエがドラクエたらしめている理由である

 

ネタバレになるが

この映画の話はそもそも

ゲーセンでドラクエVRをしている人のお話で

最後、ラスボスが出てくる時、

突然、ちゃぶ台をひっくり返すようなシーンがある

 

それは

ドラクエVRの中にコンピューターウィルスが侵入し

擬人化されたウィルスがプレイヤーに向かって「大人になれよ、いつまでこんなゲームやってんだ」

とツッコミを入れる演出がある

視聴者は

なるほど、だからサブタイトルが「your story」なのね

ある任意のプレイヤーの冒険の話なのね

と気づかされる

 

だから話はダイジェストで進むんだなあ

だって、ドラクエVRをしている人の話だから。そういう視点で描いているから。

私はこの演出に「ドラクエとは何か」という基本的な前提の再確認が取れたように感じた

 

魔王を倒して“めでたしめでたし”で終わるわけにはいかない

もし、ドラクエ5を忠実に再現するのであれば

NHKの大河ドラマのような一年がかりで全40時間ぐらいかかるだろう

それならゲームしとけばいいじゃんという話になる

 

僅か2時間足らずで何を伝え、感動させるか

となると、こういう形になるのだろう

私は非常によくできたドラクエ映画だと思う

 

この映画のキャッチコピーは

「君を、生きろ」である

 

最後の字幕は

「続きはあなたの冒険にて」という終わり方

 

さあ、自分の人生を冒険しようじゃないか!

いのちだいじに

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48