仏教の話日記

会う、逢う、遭う、遇い、値う、「あう」という漢字の意味と阿弥陀仏は不離仏、値遇仏と言われる理由


 

「あう」という漢字はたくさんある

 

「会」は

集まるという意味があり

「逢」は

糸編を付けると「縫」になって

二つの糸が縫い合わせることから

よく男女の出逢いとして使われ

「遭」は災害にあう意味として

「遇」は偶然にあうこととして使われます

 

仏教ではよく目にする字で

「値」という字もあり

“ぴったりあう”時に使われるそうです

 

仏教の教えとコンタクトすることは

「遭」と「遇」の字を使います

 

それこそ、災害に「遭」ったり

大変な困難な目に「遭」ったりしたことで

人生とは何なのかを考えるようになります

 

そこで

何かの縁で偶然に

お念仏のみ教えに出「遇」うわけです

南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏・・・

 

阿弥陀仏という仏様は

「不離仏」「値遇仏」といい

自分と離れることはなく

自分の器にぴったり出遇った仏さま

 

赤ちゃんとお母さんの関係と言われます

赤ちゃんにしてみれば

自分のお母さんはただ一人だけ

お母さんからぴったりと肌から離れないようなもの

それしかないと思っています


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48