日記

法事をオンラインで届ける施主を見て思うこと


 

法事をオンラインで届ける施主を見て思うこと

先日の法事で遠い親戚とオンラインで繋げて

様子を見てもらう施主がおられ

その、なんかして法事を見てもらいたい

という想いに胸を打たれた

 

オンラインというのは

「なんとかして」という想いが

表に現れたものであって

別に流行に則っているわけでも

ただ単に新しいものが好きというわけではない

 

今では少なくなったが、

お寺が法要の時に出す手作りお弁当も

「なんとかして」法要に来てもらいたい

という想いの現れである

 

もちろん、作り手と手伝う人と

それを召し上がる人がいなかったら

継続していくことはできない

 

時代に流れがあるのは当然のことである

 

コロナ禍で進める行事は至難の業

辞めるのは簡単だ

しかし、そこで出てくるのは

どれだけ「なんとかして」を

相手に伝えるかどうかだろう

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48