仏教の話

仏教というのは 仏(ブッダ)に成ること、つまり成仏を目指す教えです


 

仏教というのは

仏(ブッダ)に成ること、つまり成仏を目指す教えです

成仏とは死んだこと、安らかになったことを言うことではなく

「この世の全体を見通す力(智慧)」を体得した状態をいいます

ですので、生きている時に成仏することは可能であり

それが最も理想とされております

 

では、この世の全体を見通す力(智慧)とは何か

これを説明することが仏教の教えそのものになります

 

たとえば

ここに一枚の紙切れがあるとします

この一枚の紙切れの中に雲が見えますでしょうか?

と言っても肉眼で見えるわけではありません

私たちが紙を手にいれるには

いろんな条件があって紙を手にすることができるのです

 

雲がないと雨はふりません

雨がないと木は育ちません

木がないと紙はできません

人がないと紙を運べません

 

一枚の紙の中に雲、雨、木はもちろん

私という人間も含まれているのです

 

ですから、

紙という状態を成り立たせるのには

無限に近い程の条件が必要で

そこに私たち人間の意志が及ばない部分が多々あり

それはかなり奇跡的に生じているといっても過言ではありません

 

当たり前と言えば当たり前ですが

なかなか私たちはブッダの智慧をもって

物事を見ることができず

本当の意味で“おかげさま”という感謝ができません

 

つい自分の都合や損得勘定、勝ち負け、好きか嫌いかで

物事を見てしまい(これを煩悩といいます)

上手くいかなかったら腹を立て

上手くいけばいくほど、欲が大きくなります

 

ブッダの智慧を体得すると

相手の中に自分を見ることができますので

相手を自分のことのように愛せるようになり

自然と分け与えたくなるようになります

つまり、欲は消えるのです

(これを慈悲といいます)

 

しかし

この世のすべて、心も感情も皆

一瞬一瞬小さく変化しながら生じては消えて

そこには無限に繫がる因果関係があることを

私たちはなかなか意識を巡らすことができません

 

思った通りにはいかない、

それが仏教の大前提で、

その中で、精一杯生きて幸せだったと言えるようになることが

仏教であります

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48