仏教の話

体が健康な時にこそ、本当に正しいものを求めて努力しなければならない〜自分はまだまだお寺参りの歳ではないという方へ〜


 

いろんなことが出来やすい気候になった

 

暖房器具がいらない季節というのは

半年に一度迎えるとはいえ、

その心地よさを毎回忘れてしまっている

 

「忘れたこと」に気付いたならば

もっと気をつけないといけないのは

もうこんなに時間が経ってしまっているということである

 

善導大師という唐の時代のお坊さんが作った「讃美歌」には

(「往生礼賛」といいます)

何度も何度も「無常に気づきなさい」と書かれている

 

例えばこんな感じ

↓↓↓

人というのはただ忙しく日を営み、

一瞬のうちに命が終わってしまう。

それは灯火もいつしか風で消えるようなものです。

六道の輪廻を常にグルグル回って、

苦しみの海から未だに抜け出せない。

のうのうと、恐れもせずになぜ暮らしているのか。

各々方、よく聞きなさい

体が健康な時にこそ、

本当に正しいものを求めて努力しなければならないのです。

 

という耳が痛い文章です

 

「自分はまだまだお寺参りの歳ではない」という方

いつになったらいいのですか?



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

【未定】「写経体験&ミニ法話」

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48