仏教の話

今日は花祭り、改めてあの「天上天下〜」の意味を考える


 

今日は花祭り、改めてあの「天上天下〜」の意味を考える

 

4月8日はお釈迦様のお誕生日

 

お釈迦様はお生まれになった時に

7歩歩いて

「天上天下 唯我独尊」とおっしゃいました

 

さてさて、

この「天上〜」の意味です

佐々木閑先生によれば

字の通りに読みます

「私(釈迦)はこの世で一番尊い」と、

そのまま素直に読まれています

 

その理由として

仏教が誕生した背景から考えると

それまでのバラモン教やインドの宗教に対する言葉であるとおっしゃっています

 

それまでの社会通念としていた宗教では解決できなかった苦を離れて、輪廻を離脱し、涅槃に入る方法を知っているのはブッダ(お釈迦様)であり、

本当の安楽の道を説くために自分は生まれたという言葉であると。

 

(なるほどなぁ)

 

だから、

インドの神々はその誕生を祝って甘露の雨を降らせたんですね

 

そして、

その言葉「天上天下 唯我独尊」の続きには

「三界皆苦 我当安之(さんがいかいく がとうあんし)」

とあり、意味は

「三界(この世のすべて)は思った通りにいかないところだ

まさに私はこれを安じている」でありまして

お釈迦様がこの世にお出ましになった理由はそういうことであります

 

まあ、しかし

人が生まれてすぐに7歩あるいて

難しい言葉を話す、という“不思議現象”を

皆さんはどのように生活にリンクしていくのか

そういう問題にシフトしていくのが本当の宗教的思考だと

私は思っています

 

さてさて、

 

考えるとお腹が空きます

今日はカレーを食べましょう

 

 

 



・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【毎週土曜】朝7:00 一緒にお祈り(お経を読むお参り)しませんか?

【しばらくお休み】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~17時 大人のための書道教室(美和台公民館)

【募集中】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINE@お知らせが来るかも!?

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48