日記

いつも自分に言い聞かせていること「説法で一番大事なことは何か」


 

説法というのはいわゆるプレゼンだ

いかに「わかりやすく伝える」ことが問われる

何の話なのかわからないというのは、聞いている人の時間を殺したことになる

この「分かりやすく伝える」ための勉強と工夫と知恵が僧侶の修行である

 

ある説教師は紙に字を書いて、見せる方法を思いついた

また、時代が変わり、黒板を使うようなスタイルが生まれた

そして、現代はスライドを使うようになった

 

いずれにしてもそれはいかに「分かりやすく伝える」かという考えが自然に生まれたもの

YouTubeを使った説教というものも出ている

 

忘れてはならないのは

あくまでも基本は原稿を書くという行為だ

表示方法は時代に合わせていけばいい

その表示に囚われるのもよくない

 

もっと重要なのものがある

それは「情熱」だ

どうしても伝えたいという熱、

自信という熱、

これがないと話にならない

もっと言えば、この勢いのような熱が

ないと伝わらない

 

いつになっても

説教は難しい

なんせ、あまり面白くなさそうだから

興味を引くような内容じゃないから

だから、なんとかして聞いてもらおうと

ありとあらゆる方法を考える

 

楽しい話も入れないといけない

かといって、それだけでは何の話かわからなくなる

 

原稿から離れた話をしたいが

離れると脱線し

方向を見失う

 

ホント

どうしたらいいか途方にくれる

胃を痛めることもある

 

この2週間

その説教の準備で胃と目を傷めた

皆、僧侶はこうして法を伝えてきたのである

それが僧侶の僧侶たるゆえん

苦しまなくて何が説教だ

自分が苦しまなくてどうして伝わる?

 

お釈迦様は言った

この世は苦である、と

そして、この苦から逃れる方法が

仏教なのだから

 

もうすぐ

お釈迦様の誕生日

報わなくては・・・・


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48