仏教の話

天国、天国って言ってますが、その天国っていうのはどこをイメージした世界ですか?


 

お彼岸ウィークです

 

彼岸という言葉の意味は

極楽浄土、または極楽浄土に往(い)って生まれることです

 

巷では極楽の事を「天国」といっているようです

お葬式の時の弔辞の中でも

天国を連発しています

そういう世の中になったんだなあと

 

仏教には一応「天国」はあります

天国とは言わず天上界と言う

天上界での寿命は長いが

一日の長さがものすごく早いです

 

若い時は人間界より美しいですが

あっという間に年を取り

老人になると人間界より醜くなります

 

そして、命尽きると地獄に行くことが決定していて

その地獄にいる時間はほぼ永遠に近いほどの長さ

と言われています

 

つまり、仏教の場合

天国とは迷いの世界の一つです

 

キリスト教の場合

天国に行くにはキリスト教の神様、イエス様、聖霊を信じることです

信じるには教会に通うことが大事と思われます

 

彼岸に行くには(渡るには)

つまり、極楽浄土に生まれるにはどうしたらいいのか

それは南無阿弥陀仏と唱えるだけです

極楽浄土とは阿弥陀仏という仏様が作られた世界のことをいいます

 

その阿弥陀仏が仏様に成る前に

「私が仏になったら、これこれこういう国にします!

そして、私の名(南無阿弥陀仏)を唱えたら命尽きた時、

一瞬で私の国へ連れてってあげますよ」と“約束”してくれたからです

 

だから、

南無阿弥陀仏を唱えるところは

ご本尊が仏教の開祖お釈迦様ではなく

阿弥陀仏であり、それを拝んで念仏するわけです

 

もちろん

私も念仏を信じ、日夜唱えておりますが

 

私が今信じたいのは

巷が天国、天国と言っている「天国」は

阿弥陀仏の国である極楽浄土のことを言っていることを信じたいということですね


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48