日記

エベレストの山頂の景色は絶景だが、生き物は誰もいないほどの死の環境~何かをなしうることの難しさ~


 

エベレストの山頂は

ゴミ一つないとても美しい景色が

どこまでも広がっているそうです

 

写真を見ると

ああ、行ってみたいなあ

その景色を見てみたいなあと

誰もが思うほどの絶景のようです

 

しかし、

登山家の話を聞くと

そこは「デスゾーン」とよばれ

酸素濃度は地上の三分の一、

普通の人はマスクを外すと

2,3分で意識を失うそうです

 

気圧が低すぎてヘリコプターも飛べず

動物が生きられないために

汚す人が誰もいなから

そこはキレイなんだそうです

 

これを聞いて、ふと

思ったことは

 

よく華やかなスターや

羨ましいほどの収入があるような

経営者たちに一見して見えるけど

そこは想像を絶するような大きな責任を負う

鉄の心臓をもたないと

立っていられないところと

同じだということです

 

他人がやっていることが

羨ましく思い

それにあこがれ、

真似をしてみてわかることもあります

 

それが

どれくらい過酷な道のりなのか

はたまた、

たどり着いたとしても

思っていたのとちょっと違っていたり

何度も逃げ出しそうになり

結局、

元のままでいいや

ということになりかねない、

なんてこともあるわけです

 

何かをなしうるためには

覚悟が必要ということです

 

そもそも

どうしてその景色をみたいのか

問題となっている点や課題とは

どのような視点で見るのか

そう考えたのは自分の思い込みではないのか

 

それは

名声をあげたいという欲が

絡んでいるから

道が曇ってよく見えないのでは

 

受け手の視点はどうなっているの?

 

ちゃんと説得力ある説明をしたら

きっと納得してくれる

反対されるのは

どこか穴があったはずだ

 

それは恐らく、

情報不足なのだろう

自分を取り巻く環境が今

何が起きているのかということを

さまざまな角度から

再度、見つける必要がある

 

もっと掘り下げて

わかりやすく一言を表現できるような

ことばが必要

 

「伝える」ではなく

「伝わる」じゃないと意味がない

 

まあ

どんな道もけっして楽ではないです


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48