仏教の話

「花まつりスルーされすぎ問題」を考える


 

人は仏教に興味はあっても

(今のところ)

お寺に興味がわかないのではないか

 

そう思ったのは

ツイッターで芸人の小藪千豊さんが

NHKの持論独論という

政治経済が主なテーマの番組に出て

なんと「花まつり」のことを

とりあげておられた

というツイートを見た

 

やはり有名人がテレビで訴えると

拡散の次元が違う

 

内容はこうである

 

最初に

2月14日

10月31日

12月25日

若い人なら何の日か

わかるでしょうが

 

4月8日は

わからないでしょう

 

答えは

お釈迦様の誕生日です

日本人ならまず

これを盛り上げましょう

 

という入り方で

僅か5分の番組で

「花まつり」を

宣伝していただいた

 

小藪さんが言うに

「じゃあ、お寺に行こうかってなるか

というと、若い人はそうならないと

思います、

そこで、2年前から私は

クラブハウスで花まつりを

祝う活動をしています」

 

一切皆苦と共にさけんで

意味はネットで調べてください

と言う面白さ

 

たしかに

いくら小藪さんが

花まつりを宣伝しても

一般の方は

どこのお寺に行って

いつあるのかを知ることが

なかなかできない

 

お寺側の受け入れ体制も困難

 

また

笑い飯の哲夫さんが

面白い仏教講義をしたら

ギャルが「仏教オモシロ!」

と言ったそうだ

 

ギャルが

オモシロといえるような講義とは

どんなお話なのだろうか

そういう話ができるだろうか

ついつい、

宗派の話をしてしまわないだろうか

 

ギャルにわかる話ができるだろうか

 

私は思う、

インドに行ったらわかるが

インド人が話を聞くような民族に思えないので

一体どうやって

お釈迦様は当時のインド人に

仏法を伝えたのだろうか

 

当時の一般人は

文字はおろか、

学校すら行っていないだろう

 

ゆえに

お釈迦様が話した内容が

難解なわけがないと思う

難しかったら伝わるわけがない

 

ギャルに伝えることができずに

どうしてお檀家さんに伝わるだろうか

 

若い人が花まつりに興味がわいて

じゃあ、お寺に行こうかと

なった場合(あくまでも仮定)

 

若い人を対象にした準備が

果たして、できるのだろうかと

考えてしまう

 

できたとして

既存の檀家さんはどう思うのか

今までの軸は崩れないのだろうか

 

やはり、広く一般人向けとなると

お寺ではなく外に出て

誕生日を伝えるという

小藪さんの考えになるのかもしれない


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48