子育ては親育て日記

「お母さんを辞めます」と宣言した女性の話


 

先日「お母さんを辞めます」という女性の話を聞いた

どういうことかというと

9時から昼の12時まで一切子ども(3人)を見ず、

自分の好きなことをしたり、

メールの返信や家事に専念する

子どもが何を言ってきてもその時間は

「今はお母さんではありません」といい

一時的に「お母さんを辞める」ことをしている

という方がいたそうだ

 

しかし、ルールを決めているそうだ

・ちゃんと家にいること

・子どもが出て行かないようにしておく

・子どもが食べる少しのおやつや飲み物は確保しておく、

昼の12時になると、ピタッとお母さんに戻り

オムツをかえたり、抱っこしたり、

遊んだり、愛情を注ぐ

 

なぜその女性は「お母さんを辞めます」をしているのか

どうしても自分をリセットする時間が欲しい

しかし

小さい子ども3人なんて、快く見てくれる方は誰もいない

実家も遠い

夫が仕事で帰ってきても頼める状態ではない

だから、そのように思い立ったという

 

それを見て、

「最近のお母さんは・・・」なんて言えるだろうか

誰しもそのような状態に置かれたらそうなるのではないだろうか

根性があって、努力を尽くし

いわば「頑張りすぎているお母さん」のサインを

気付いて認める寛容な世の中にならないだろうか

 

 

自由でいられることが何よりの薬である世の中が

無縁、無援、無頼を作ってきたように思う

周囲が他人を“テレビの中の人”のように関心がなくなれば

声をかけることも挨拶をすることも少なくなるのも当然

何か異質な者が現れると、徹底的に排除する怖さは

余計に何の影響を及ばない自由をさらに求めるようになる

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48