日記

秋篠宮さまご夫妻が福岡にラグビーをご観覧された時のこと~伝統と権威を伝える難しさ~


 

秋篠宮さまご夫妻が福岡にラグビーをご観覧された時のこと

 

解説をする方(一般の人)が

ご夫妻がおかけになっている椅子の後ろから

説明をしていた

その時、

後ろからご夫妻の椅子の背もたれに手を置かれながら

解説をしていた

(イメージ画像)

その手を置くしぐさが悪かったのか

宮内庁の職員がやってきて

その解説者に手を置くなという注意をする

「あっ、すんません」のご様子

 

その一部始終を見ていた観客の一人が博多弁で

「あの人(宮内庁職員)、なんで腹かいとっちゃろか?」

(※訳・あの人はどうして怒っているの?)

と不思議な顔をする

 

そういう話を近所の方から聞いて、

私は吹いてしまった

と同時に伝統と権威が伝わらない“領域の差”というものを感じた

 

たとえば

お寺の本堂には「内陣」と呼ばれ

一段高くなっている造りになっているのがほとんど

お坊さん方がお座りになられる空間で

そこは荘厳な場所であって

“関係者以外、立入禁止”

という暗黙のルールがある

 

では、なぜですか?

と聞かれると、

“空気”を読んでください

と言いたくなるのですが

その“空気”がわからないとなると

そういう方には

どこから話をすればいいのかわからなくなる

 

とりあえず

うちに遊びに来る子どもさんには

私「ここ(内陣)はね、上がらないでねぇ~」

子「なんで?」

私「決まっているからだよ~」

ときっぱり答えることにしている

 

手を合わせていると

自然とわかるようになるのだが・・・


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

【12月25日(土)14時】「写経体験&ミニ法話」

【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48