仏教の話

身を委ねるという生き方


 

身を委ねるという生き方

 

コロナによって急激に死を意識する雰囲気になり

本屋ではそれを扱うものが目にすると言われる

 

考えたことはないだろうか

「何で人は死ぬのだろうか?」と

 

自然科学なら細胞が消滅していくと考え

因果関係で考えれば生まれたから死ぬと考える

しかし、理屈を聞いたら身も蓋もないと感じてしまう

 

ある本を読んでいた

とある葬儀社で働く方が暖かい家族の中で故人を送り出す時

子どもが祖母にいろんなことを聞かれていた

「死んだらどうなるの?」

「天国に行くんだよ」

 

「それじゃあ、どうして死ぬの?」

答えに詰まった祖母はそばで作業をしていた葬儀社に聞くと

「なんででしょうね、無力を知ることですかね」と答えた

 

私はそれが、探していた答えかなと思う

 

なぜ宗教があるのかと考えたら

因果関係や科学といった理屈では納得いかないことを

納得するように心の置き所を定めることだろう

 

死んだらいいところに行く

悪いことしたら悪いところへ行く

という話なら「ふ〜ん」で終わる

 

だから、お経を字の通りに読むと

「ふ〜ん」で終わるわけである

「ふ〜ん」で終わるのであれば

あってもないのと同じであろう

 

そうではなくて、

自分の無力さを感じた時

理屈ではどうしようもないと思った時

上手くいかないことを認めた時

そういう前提でもってお経を読むと

必ずいいヒントになる

 

長い伝統ある宗教は

死を越えた物語を説くことによって

今どう生きるかを定めている

 

それは一言で言うと

「身を委ねる生き方」だろう

 


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48