日記

はっきりとした超越者と繋がる行為があるからこそ心の安息になるのかもしれない~例えば南無阿弥陀仏~

円相寺 内陣

 

神仏に祈る方法はたくさんあるが、

“南無阿弥陀仏”ほど具体的でしかも

阿弥陀仏が自ら「そんな風に呼んでね」

と願っている根拠がある祈り方って

なかなかないんじゃないのかと思う

 

こういうはっきりとした超越者と繋がる行為があるからこそ

心の安息になるのかもしれない

 

お宮に行ったら、

賽銭を入れて神様を呼ぶための鈴をならし

二礼二拍手をしておしまい

なかなか本殿には入れないし

そもそも

どんな神様なのかわからない

けれど

お宮さんは菩提寺より境内が広いことが多いので

歩いていてとても気持ちがいい

これがご利益かもしれない

 

私は

どんな仏様(仏像)を拝む時も

「南無阿弥陀仏」と唱えている

それは

阿弥陀仏がそこに形を変えて現れてきていると

思って唱えているからだ

 

よく例えられるのが

阿弥陀仏=お母さん

泣いている子ども=自分

 

つまり、

南無阿弥陀仏と唱えることは

「おかあさーん」と泣きながら呼ぶ幼子の姿と同じ

 

母親がどれほど嬉しいことか

父親でもある私でも子どもから「お父さーん」と言われたら嬉しい

 

その親心であるような仏心を少しでもいいから理解すると

南無阿弥陀仏と唱えようという気が湧いてくる


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48