日記

自信がない時「とりあえず、やってみる」ということが難しい


 

自信がない時「とりあえず、やってみる」ということが難しい

 

あまり日本人は自分の口から

「自信があります」なんて

言いませんが、

長い年月をかけて

“やり続けて来たこと”に

自信を持っています

 

その自信がつくまでのプロセスは

①やってみる

 

②経験を積む

 

③ある程度の成果を出せるようになる

 

④周囲が認めてくれるようになる

 

⑤「こう動けば、ある程度の成果が出せる」

と見通しがつくようになる

 

要は経験時間です

それが大抵、

スキルを習得するのに10年かかると言われます

 

問題は、

その一番最初の「やってみる」

ということでしょう

 

ここに悪魔のささやきがあるのです

 

・失敗するかもしれない

・私なんてまだまだ

・家族にダメって言われそう

 

しかし、

その悪魔は

他の誰かでもない自分自身が作り出した妄想です

 

とりあえず、やってみる

いいからいいから、やってみる

 

意外とイケるかもしれませんよ

 

 

『反応しない練習~あらゆる悩みが消えていくブッダの超合理的な考え方』より

作者・草薙龍瞬


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48