日記

「忙しい」というは字は心が亡くなっていると書く、だから物事を「忘」れる、じゃあどうしたらいいの?マインドフルネス瞑想をやってみよう


 

「忙しい」とは字は心が亡くなっていると書く、だから物事を「忘」れる、じゃあどうしたらいいの?マインドフルネス瞑想をやってみよう

 

ホントに忙しい

年度末だし、毎日忙しい

暇なのは私ぐらいですw

 

「忙」しいという字を見ると

心が亡くなると書きます

 

もう一つ、「心」が「亡」くなると書く字がありますね

そう「忘」れるという字

 

「忙しい」から大切なことを「忘れ」がちになります

 

ではどうすればいいのか

「心」を「今」に向けるのです

この流れで漢字を当てはまると

「念」ということになります

 

さらに

「今」この瞬間に「心」を「一つ」に「止」める

「正念」で

これがいわゆる「マインドフルネス瞑想」になります

 

この正念というのは仏教語であり

心を鎮めて、

自分の心に気づいて、

客観的に物事を捉えていく方法です(この他に7つある)

 

どのようにするのかというと

・今この瞬間に意識を向け

・“ありのままの”状態を自覚して

・それによる思考、ジャッジをしない

という三つなのですが

どうしても、いろんな雑念が湧いてきます

それはもう“マジカルバナナ的に”

 

たとえば

自分がトリーミージョーンズのような宇宙人だという設定にします

初めてチョコレートを見て、食べる

という動作をやってみましょうというワーク

 

うーん、甘い…、

唾液が出てきた

このチョコという奴は喉にひっかかる…

飲み物が欲しい

あっそういえば、私がCMでやっていたあの缶コーヒーというものが合うだろう

うーんコーヒーが欲しい

できたら、甘くないコーヒーが欲しい

 

という具合に

途中から「コーヒーが欲しい」という雑念が生まれ

今この瞬間の意識を向けず(舌に意識)

ありのままに自覚しないで(甘さを受け取る)

思考や判断をしております(コーヒーが欲しい)

 

昨日のブログでもいいましたが

この思考や判断がストレスの種なんです

 

この雑念に気づいただけでもすごいことであります

 

コーヒー以外に考えてみましょう

 

車で渋滞に会う

いつもはスムーズなのに

遅刻する、ヤバい

イライラ

上司の鬼の形相を想像

ヤバい、クビ?

イライラ

 

思考や判断というのは自分が作り出したフィクションであり

人が生み出したものではありません

忙しくなるとこれになかなか気づかなくなり

冷静になれず、正しい判断ができません

 

そしてますますストレスを生む循環が出来上がります

 

つまり、

外ばかりに意識が向くとストレスが生まれ

心静かになり、自分に意識を向けるとストレスが軽減されるのです

 

その方法がマインドフルネス瞑想であります


【お知らせ】

「裏辻正之の心に刺さる仏教講座」で学んでみませんか?(こちらへ)

・。*・。*・。・。*・。*・。
【円相寺副住職のイベント情報】
・。*・。*・。・。*・。*・。

(未定)朝7時「写経体験&ミニ法話」

(10月より)【毎週木曜】朝10:00~11:30「寺ヨガ」

(10月より)【毎週金曜】15時~大人のための書道教室(美和台公民館)

【満員御礼】小中学生対象リアル寺子屋式子ども書道教室はこちら

↓↓↓円相寺副住職のイベント情報公式LINEに登録しますとお知らせが来ます

副住職は仲間になりそうにこちらを見ている


副住職が仲間になりたそうにこちらを見ている!

【お問い合わせ】
円相寺副住職 裏辻正之(えんそうじ ふくじゅうしょく うらつじ まさし)
アイコンをポチると各SNSをご覧になれます↓↓↓
         YouTube

〒811-0213 福岡市東区和白丘1-10-48